受任通知~家計簿って大切~

今までの所、破産の経験も個人再生の経験もありません。

 

でも受任通知って、すごくいいな~って思います。

 

もし私に借金ができたり、返済が苦しくなったら、すぐに司法書士へ相談して受任通知を送ってもらおうと思っています。(知り合いに良い弁護士を知らないので・・)

 

司法書士はお金以外の事でも頼りになります。

相続だったり、契約書のことだったり。

 

ほぼ、弁護士と同じ仕事をしながら、でも、もっと身近な存在です。

 

ただ、相談する時は、その後のことも考えて、ぜひ認定司法書士へ相談してください。

 

 

 

会社の債務整理と個人の債務整理はまた処理の方法がちがうでしょうし、連帯保証人に迷惑がかかるから破産ができない!という方もいるかもしれません。

 

でも

 

借金が苦しくなったら、無理して返済しないでください。

体を壊してまで働かないでください。

 

誰かに頼ってください。

 

 

 

弁護士なり司法書士へ相談して、依頼すると

 

受任通知が債権者(お金を貸した人)へ送られます。

 

受任通知には「今後、依頼者や家族、保証人への取立て行為を中止してください」みたいな事が書かれていて「私(弁護士・司法書士)が受任しました」といった内容も書かれています。

 

そうなると、通常の債権者(お金を貸した人)は債務者(お金を借りた人)と直接話をすることができなくなります。

 

※ここで、連絡をとろうとする業者はヤミ金くらいでしょうか?でも貸金業者として登録されていない金貸しは違法ですので受任通知がなくても返済する必要はありません。(←ここ、対応に不安だったら、やはり司法書士へ間に入ってもらって書類のやりとりをしてもらってください)

個人的に、私は受任通知こそが神の手だと思っています。

 

だって今まで返済していたものを返済しなくていいんですよ?

 

でもだからといって、その分を使えるわけではありません。

それに、今後の方向性を決めるまで、いったん催促が止まっているだけで

受任通知を送っただけで借金がなくなるわけではありません。

 

受任通知が届いた後、債務者(お金を借りた人)は家計簿をつけていくことになります。(返済するはずだったお金は貯金をしていくことになります)

一ヶ月の収入と収支を記載していくのです。

 

これが大変です。

そして、ここからがスタートです。

どこの支出が多いのか、考えてお金を使っていくことになります。

 

 

家計簿をつけて数ヶ月。

お金の流れをみて、破産か?個人再生か?任意整理か?となるわけです。→任意整理の場合はもっと早い段階で答えがでると思います。

 

 

破産をするなら、家は手放すことになり、競売か任意売却か、です。

 

個人再生なら家を残して債務を返済していくことになります。

 

任意整理も債務を返済していくことになります。

 

(以上の債務は圧縮された債務になりますので、今までのような額を毎月返済することはありません)

 

債権者との話合いは弁護士や司法書士が間に入ってくれます。

のちのち弁護士に相談するなら早めに法律家に相談したほうがベスト。

 

 

最短一ヶ月で任意売却!

早くニンバイ、なんて書いてますが

 

債務が残った場合どうなるのでしょう?

とにかく、返済で苦しい人がいるなら、どうぞムリをしないでください。

 

わかってくれる法律家に頼ってください。