お笑いだけじゃない、笑い飯の哲夫

 

えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経

 

最近は若いお坊さんが本を出したりしています。

 

 

 

恥ずかしながら、笑い飯の一人がこんな本を出してるのを知りませんでした。

 

 

むずかしい勉強を子供にわかりやすく教えるのはむずかしい。

 

どこがわからないのか、わからない人に教えるのは、教える人もどうしたものか。。

 

 

 

 

 

 

聖書が真理を人々にわかりやすく説くものだとするなら

 

般若心経も真理を人々にわかりやすく説くもので (←と勝手に個人的に思ってる)

 

 

 

 

でも、どちらもむずかしいからよくわから~ん。と思う私でしたが、この本を読んで般若心経がとても身近に胸に響いたような気持ちになるのです。

 

実際読んでみても、まだまだわからないことがたくさんなんだけど、笑い飯哲夫さんの「わかりやすく伝えたい」気持ちに感動すら覚える。

 

 

 

この本の内容は正しいのか?100%正確か?ということはそんなに重要ではなく。

 

 

 

 

 

東大に行ってめちゃめちゃかしこい人より

 

東大に行かなくても難しいことをわかりやすく教えてくれる人のほうが需要があるような気がする。

 

名選手が名監督になれないように。。?

 

さかな君みたいに。。?

 

 

 

 

 

この本を読んで、すごいすごい!と思っていたら

 

哲夫さん、すでに東大で講義をしたとかしないとか。

 

いつも気づくの遅いんだよな~