読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばらないけど諦めない

頑張らないけどあきらめない。

 

誰かが言ってたっけ。

 

ちなみに私があきらめず、突き進んだ話はこちら

 

クーリングオフへの道のり

 

 

 

 

 

 

今日は久々に熱くなり「あんた、それで泣き寝入りしちゃうの!!?」

 

「あきらめちゃうの??!!」 と激怒した話です。。

 

 

 

私の知人で、旦那様が浮気してる(してた?)という話がありました。

 

 

 

浮気相手の女性が、知人の職場へやってきて(知人の休みの日に)

 

知人の上司に

 

「私○○さんの旦那様とお付き合いしています。この指輪は○○さんの旦那様の結婚指輪です。○○さんへ、この指輪をお返しください」

 

と言って帰っていったそうです。

 

○○さんは私の知人です。。

 

 

最初聞いたときは 「え??」 どういうこと? と思ったのですが

 

浮気相手の彼女が、浮気相手の男性の指輪を奥様の職場に乗り込んで、関係のない人に渡す。という何とも奇妙なお話しなのです。。

 

 

その時点で、知人は動揺もせず、おおらかに話していたので、すごいな~。行きつくとこまで行くとこんなものかと逆に関心していました。

「離婚」などの話もなく、そのまま何事もないように生活していました。

が、半年以上たち、結局このたび「離婚しようか」との話しが出たそうです。

 

で、その浮気相手の女性に「慰謝料」を請求することにしたそうです。

もちろんその「指輪事件」以外の証拠もあり、浮気相手の女性に内容証明を送りました。

 

 

するとその女性は「指輪事件は私のしたことではなく、私の友達がしたことだ」 弁護士に相談したら「この値段は法外な値段だ」 といわれた、などと言い、

 

あげく 「指輪事件 私がしたっていう証拠はない。 証拠を見せて」

 

と知人に言ったそうです。

 

で、知人は弱気になっちゃって、慰謝料はもらえないわ~。なんて言うもんだから

 

 

 

思わず、激怒してしまいました。

 

なんじゃそりゃ~

 

その浮気相手むかつくなぁ!!

 

指輪事件は私がしたって証拠がない やとぉ??

 

お前が 「私は○○さんの旦那様とお付き合いしています」

 

って言うたんやろが!!

 

 

仮に友達がしたとして、その友達と直接話しさせい!!連絡先教えろっちゅうねん!!

お前が 「それは友達」 て証拠を見せんのがほんまじゃ!!

 

お前が証拠を見せい!!

 

こっちには上司がおんのやぞ!

 

上司に会いにきたんはそっちやろ!!

 

と激しく怒りくるってしまいました。

 

 

 

 

 

だって、知人が「こう言われたから・・・」ってあまりにも丸め込まれてるから。。

 

だいだい弁護士が「法外な値段」って言ったとして、私にしたら「だから?」です。

 

弁護士が代理人として入ったなら別だけど、そうではなく

 

その浮気相手は「相談した弁護士さんが言うには・・」の話なのです。

 

慰謝料だってお互いが話し合って合意書を作ればそれでいいだけ。

 

法外だと思うなら話合いの席に着きなさいよ

 

と思います。

 

誠意を持って行動しなさいよ、と言いたい。

 

そして、知人には もっとしっかりしてよ~ と言いたい。

 

 

 

慰謝料をもらわず離婚するならそれもよし。

 

でも

 

腹が立って慰謝料を請求するなら、あきらめず話し合いをするべき

 

あきらめるなら自分が納得してから、行き着くとこまでいってから。。

 

と思います。

 

 

 

 

ちなみに一番悪いのは浮気をした男性だと思います。

 

だいたい知人の休みの日をわざわざ浮気女性に話すのどうなの?って思います。

 

 

いろんな夫婦があるから、私がとやかく言うことはないのだけれど・・

 

 

 

でも内容証明送ろう!!って勇気だしたんだから

 

証拠だって残していたんでしょ??

 

あきらめないでほしい。って思います。

 

 

裁判になればなんでも証拠。

 

でも、裁判にならず、当事者で話をすますことも多い。

 

だからと言って口頭の口約束はせず、全て文書のやりとりが望ましい。

 

と個人的に思います。