読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本で子供を育てるということ

国際交流文化センターで出会ってお友達になったHDさん(女性)

 

そしてHDさんのお友達 Kさん。

 

 

 

Kさん は今は東京でひとり暮らし。

 

 

私と同い年で独身だけど、いつも笑顔のかわいい人です。

国籍は日本じゃないけど日本語堪能。

中国語・韓国語・英語もあやつるスーパーガールです。

 

 

先日、大阪出張ということで、久々に会っておしゃべり。

 

 

すごく盛り上がりました。

 

というか私が「しゃべりたおしていただけ」ってのもあるけど。。

 

 

独身女子が40前にもなると、どうしても「仕事」「結婚」の話になるわけで。。。

 

 

ちなみに私は人生に一度くらい「結婚」したらいいよ~

 

 

と勧めるタイプです。

 

 

 

「結婚」 色々あるけど

 

 

 

一生独身でいるより、一度くらい結婚してみて体験しなきゃ、 大変かどうかなんてわからないし

 

 

 

「結婚してみたい」と思うなら、それを応援したい。

 

 

 

もし結婚して、その先に子供を産む ということがあるなら

 

 

それは高齢化社会の日本のためにも、感謝することだと思っています。

 

 

 

ちょっと話はとぶのですが・・

 

 

 

結婚後に私は大阪市の東成区に住んでいました。

 

近くには母子寮があって、その横には保育園もあり、シングルマザーにはとても良い環境です。

 

実は公園でフィリピンの女性と話す機会があったのですが、その人は子供が2人。

 

母子寮に住んでるようで、年に1回はフィリピンに子供たちを連れて帰る。とのことでした。

ビザの問題なく日本に住んでいる人なので、一度日本人男性と結婚して子供を産み、離婚したのでしょう。

 

シングルマザーで子供を育てることは大変だけど、日本の国でやっていこうと思えばできること。

 

なみたいていの大変さではないだろうけど、私はシンブルマザーになることに不安を抱えている人がいれば、大いに応援するし国の支援もあるんだよ。

だいだい、独身会社員って税金高いんだよ。こうなったら子供でも産んでもととらなきゃ!!小さい子供は医療費が無料だし控除だってあるんだから。

なんてことを、しゃべりまくってて。。

 

 

そしたら

 

 

 

Kさんも会社で・・と、ある話をしてくれました。

 

 

Kさんはとある薬品会社に勤めているのですが、臨床実験で数人の人に「薬」を飲んでもらい、データーをとっているそうです。

 

 

 

 

もちろんそれは

 

 

・とある病気であること

 

・日本人であること

 

が条件なのですが

 

数ヶ月後に、その中にフィリピン女性がいることが判明し「これはいかがなものか?」となったそうです。

会社の人は病院に出向き、医師とも話をし「中断はせず、今後も薬の服用をしてもらう」となったそうですが、その薬を服用しながら、フィリピン女性は夜働いているそうです。

 

その薬の副作用は「強い吐き気」

 

 

報告書から見る「吐き気」は薬の副作用なのかお酒のせいなのかどちらかわからいな~

 

 

なんて話をしていた。と教えてくれました。

 

 

 

病気になったら、実家に戻りたくなったり自分の生まれ育った国で治療しようと思うだろうけど

 

 

一人で病気のまま日本で働いて暮らすなんてすごいよね!立派だね!って言ったら

 

Kさんもすこぶる前向きになっちゃって

 

 

帰り際には「私もかんばらなきゃ~」って話になりました。

 

 

 




 

 

結婚して、その先に子供を持つことがあれば幸せだと思うし

もし、その後 離婚することがあったとして「腹をくくる」ことができれば、日本の国は支援をしてくれると思っています(←この辺り私もシングルマザーじゃないから実感できないけど)

もし「生活保護をもらう」「母子寮に入る」ことが(自分の心で)可能であれば、結婚を恐れることもないし子供を産むことを否定することもない。

と思っています。

 

私の周りの素敵な独身女性が結婚してくれないかな。といつも思っています。