読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるかノスタルジー

 

大林宣彦監督の映画

 

はるか、ノスタルジィ デラックス版 石田ひかり

 

 

 

人間のいいとろこは「忘れる」ところ

 

 

って誰かが言うシーンがあったけ。

 

 

 

忘れたいことは忘れられなくて

 

 

 

忘れちゃいけないことは忘れちゃうんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

私の場合、最寄の駅まで自転車で行くのですが

 

 

 

 

 

 

 

帰りに駅で、その自転車をどこに置いたのか思い出せない

 

 

どこに置いたか忘れちゃった!

 

 

って良くあります。

 

 

これが、買い物したあとのスーパーで

 

 

とか

 

 

本屋さんへ自転車で行って、本を物色して帰ろうとしたとき

 

 

「あれ?自転車どこにおいたっけ?」

 

 

って考えても思い出せない・・・

 

 

 

って話を友達としていたら

 

 

 

友達は

 

 

いつもの整骨院に行った時に

 

 

いつもの自転車置き場がいっぱいで、たまたま違うところにとめて

 

 

整骨院で施術してもらい

 

 

「は~楽になった」

 

 

とそこを出て・・

 

 

 

 

 

 

いつもの自転車置き場に 「自転車がない!!」

 

 

 

 

 

 

となったそうです。

 

 

 

 

 

いつもの自転車置き場にない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車とられた!

 

 

 

 

 

 

 

と、なり

 

整骨院へ再び戻り「自転車とられた~」

 

 

と大騒動の後

 

 

「あっ。いつもと違うところに止めたんだった・・・」

 

 

と思い出したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

私もかろうじて、まだそこまでいってない。

 

 

 

 

 

 

 

けど

 

 

忘れるって怖いですね。

 

 

 

「忘れる」 いいふうに発揮できるのはいつだろう・・