オーデュボンの祈り

私、伊坂幸太郎が大好きです。

最初は

陽気なギャングが地球をまわす から入り

 

ラッシュライフ

  ↓

オーデュポンの祈り

  ↓

重力ピエロ

 

出るたびに読み漁っていました。

ファンレターも書きました。

お恥ずかしい。

 

でも

 

伊坂さんの本は言葉にリズムがあるのです。

 

そして、胸に響くのですよ。

 

 

 

 

 

オーデュポンの祈りで、とある言葉が出てきます。

 

「もし自殺しようとする人がいたら、どうしますか?」

 

 

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

 

 

私の目の前に自殺する人がいたら、

 

とめる事はできないな~と思ってしまいました。

 

だって、人生ってホントにつらい事もあるから。。

 

ここから、ネタバレになってしまうので、読んでなくて、今後、読むつもりの人は見ないでほしいのですが・・

 

 

 

 

 

かかしのユーゴが答えます。

 

「とめるのですよ」

 

「自殺しようとする人がいたら、とめるのです」

 

 

 

 

なんか、せつない本なのですが、読んだあと、元気になれる本です。

 

 

 

 

 

 

受任通知~家計簿って大切~

今までの所、破産の経験も個人再生の経験もありません。

 

でも受任通知って、すごくいいな~って思います。

 

もし私に借金ができたり、返済が苦しくなったら、すぐに司法書士へ相談して受任通知を送ってもらおうと思っています。(知り合いに良い弁護士を知らないので・・)

 

司法書士はお金以外の事でも頼りになります。

相続だったり、契約書のことだったり。

 

ほぼ、弁護士と同じ仕事をしながら、でも、もっと身近な存在です。

 

ただ、相談する時は、その後のことも考えて、ぜひ認定司法書士へ相談してください。

 

 

 

会社の債務整理と個人の債務整理はまた処理の方法がちがうでしょうし、連帯保証人に迷惑がかかるから破産ができない!という方もいるかもしれません。

 

でも

 

借金が苦しくなったら、無理して返済しないでください。

体を壊してまで働かないでください。

 

誰かに頼ってください。

 

 

 

弁護士なり司法書士へ相談して、依頼すると

 

受任通知が債権者(お金を貸した人)へ送られます。

 

受任通知には「今後、依頼者や家族、保証人への取立て行為を中止してください」みたいな事が書かれていて「私(弁護士・司法書士)が受任しました」といった内容も書かれています。

 

そうなると、通常の債権者(お金を貸した人)は債務者(お金を借りた人)と直接話をすることができなくなります。

 

※ここで、連絡をとろうとする業者はヤミ金くらいでしょうか?でも貸金業者として登録されていない金貸しは違法ですので受任通知がなくても返済する必要はありません。(←ここ、対応に不安だったら、やはり司法書士へ間に入ってもらって書類のやりとりをしてもらってください)

個人的に、私は受任通知こそが神の手だと思っています。

 

だって今まで返済していたものを返済しなくていいんですよ?

 

でもだからといって、その分を使えるわけではありません。

それに、今後の方向性を決めるまで、いったん催促が止まっているだけで

受任通知を送っただけで借金がなくなるわけではありません。

 

受任通知が届いた後、債務者(お金を借りた人)は家計簿をつけていくことになります。(返済するはずだったお金は貯金をしていくことになります)

一ヶ月の収入と収支を記載していくのです。

 

これが大変です。

そして、ここからがスタートです。

どこの支出が多いのか、考えてお金を使っていくことになります。

 

 

家計簿をつけて数ヶ月。

お金の流れをみて、破産か?個人再生か?任意整理か?となるわけです。→任意整理の場合はもっと早い段階で答えがでると思います。

 

 

破産をするなら、家は手放すことになり、競売か任意売却か、です。

 

個人再生なら家を残して債務を返済していくことになります。

 

任意整理も債務を返済していくことになります。

 

(以上の債務は圧縮された債務になりますので、今までのような額を毎月返済することはありません)

 

債権者との話合いは弁護士や司法書士が間に入ってくれます。

のちのち弁護士に相談するなら早めに法律家に相談したほうがベスト。

 

 

最短一ヶ月で任意売却!

早くニンバイ、なんて書いてますが

 

債務が残った場合どうなるのでしょう?

とにかく、返済で苦しい人がいるなら、どうぞムリをしないでください。

 

わかってくれる法律家に頼ってください。

競売って言葉は怖いけど、今の競売ってそこまで非道じゃない

過去に競売を経験された人の話で

白い紙が貼られ「全ての物を動かしてはいけません、そして今日中に立ち退いてください」と告げられる。

これが競売の末に待ち受けてる「強制執行」です。

 

なんて体験談が書いてありますが、それは過去の話です。

 

任意売却を勧めるHPに限って、代表者が競売を経験してる なんて書いてますが、それが本当だとして、

 

今は家が競売になったからって

 

連絡なく突然「今日中に立ち退いてください」

なんて絶対ありえません!

 

 

今は平成です。
昔はそうだったかもしれません、

 

 

しかし人権が守られるように法改正がなされています。

 

なので自己破産したからと後ろ指さされることもありません。

 

競売されたから給料差し押さえでもありません。

 

で、私が言いたかったのが

 

 

借金があるなら

 

まず司法書士か弁護士に相談してほしいのです。

 

いい弁護士がいない、なんて場合は司法書士でも充分対応いただけます。

 

 

面談してしっかり話しを聞いてもらって、今後の対応策を相談してください。

 

弁護士なり司法書士に依頼すると

 

債権者へ受任通知なるものが発送されます。

 

 

受任通知が発送されると、通知が債権者に到着した時点で

 

債権者から債務者に対する催促の連絡はなくなります。

 

基本的に債務調査をした上で、破産か個人再生か任意整理かの話しになります。

 

住宅ローンしか債務がないって場合は他の方法もあると思います。

私は、入り口は不動産会社ではなく、

NPO法人でも社団法人でもないと思っています。

まして、宅建主任者でも、ただの相談員や

任意売却コンサルタントでもありません。

 

 

 

例外があるとして

大阪市北区西天満にある

いちょうの会

06-6361-0546 です。

 

いちょうの会もいろいろあります。

 

私の知ってる本当に信頼できる いちょうの会 を記しています。

後でネットで検索して、そこから連絡する場合は十分ご注意ください。

初めての職場

専門学校を卒業してすぐ、私はシャッター屋さんに就職しました。

住建大阪営業2課

と~っても忙しかったです。

 そこの支店長は「営業は売上げにつながるけど、事務は売上げにつながらない」と発言する人でした。

 (これでも一部上場)

私も素直で、これが「会社」というものだと思って

昼休みもまともにとらず、働いてました。

総務課長は「残業がつくだけでもありがたいと思ってくれ」と言う人でした。

それ以降、残業代もつけれなくなってしまいました。

 

月末・決算月は朝から晩までパソコンの前

 

もちろん電話もとらなきゃいけないし、通常処理もしなきゃいけない。

目が痙攣していても10分の休憩をとることすらできませんでした。

営業2課には事務処理をする人が、私しかいないんですから。

 

私が一言「この仕事量を一人でこなせません」

と言えればよかったのですが、まだ若かったから言えなかったんですよね。

 

結局、目を悪くしてやめてしまったのですが、どうしてもっと早くやめなかったんだろう。と後悔したのはいうまでもありません。

またこの頃から胃痛というものも経験しました。

 

私の引継ぎで新卒の女の子が入ってきたのですが、その子は自己主張をしっかりする女の子だったので、私が辞めたあと、派遣の人が入ったり、パートの人が入ったりして楽しくしていたようです。

 

 

それ以降、自己主張するのは大事なことなんだな~

って勉強になりました。

 

だから、こぶとり紳士さんの気持ちすごくよくわかる

心が思うより体って正直だから

体からの大事なサインだと思って仕事を辞めるのも悪くない

仕事を辞めることは恥ずかしくない。自分の人生は自分の手で守ろう。 - こぶろぐ

テレビ局で働いていた、こぶとり紳士さんのブログ

 

 

個人再生や任意売却

 

うちのポストによくチラシが入ってます。

競売より任意売却の方が高く売れる。

とか

任意売却は引越し代が出る。

競売は出ない。

とか

 任意売却は費用がかからない。(←これはあきらかにウソです)

 とか

 お金があるところから取るのはいいけど

 お金がないところから取るのはやめてほしい。

と切実に思います。

 

競売で高く売れるか、任意売却で高く売れるか

それは状況やタイミングによってちがいます。

 

 

また、住宅ローンが払えないといっても、内容は十人十色

 

誰でも任意売却したほうがいい

 

任売却ですべてが解決

 

なんてことはない

 

消費者金融で債務があり、住宅ローンが払えないって時、

 

適用内なら、個人再生という選択枠もあるかもしれません。

 

銀行との話し合いで、任意売却や競売もしなくてよかった。ってこともあるかもしれません。

 

 

住宅ローンが払えなくなったら、ムリして借り入れせず、

 

すぐに法律家へ相談ください。

弁護士や司法書士もいろいろですから注意は必要ですが。。

 

あなたは一人ではありません。

 

 

私でよければメッセージからでも相談にのりますし、関西圏であれば、信頼ある女性の司法書士を紹介することもできます。

 

案ずるよりうむがやすし

 

お腹がすいたらご飯を食べて

しょうもないことで笑って

小さな幸せを感じれますように

ひとりで全てかかえこまないように